JBA 南カリフォルニア日系企業協会 - Japan Business Association of Southern California

サイト内検索

2020/6/23

企画マーケティング部会 第224回 JBAビジネスセミナー報告「COVID-19による日系企業のビザ保持者への影響と今後のビザ対策」

去る5月26日、比嘉恵理子弁護士を講師に迎え、コロナ禍におけるビザの最新状況に関するオンライン・ビジネスセミナーを開催。220名が参加した。

比嘉恵理子さん
[講 師]
比嘉恵理子さん

カリフォルニア州弁護士。ミシガン大学ロースクール修了。移民の法的権利を擁護する弁護士を目指し、冨田法律事務所にアソシエイト弁護士として入所。米国移民法を専門とし、主に就労ビザと雇用ベースの永住権を担当。

各種ビザへの影響

 比嘉弁護士は、最初に、米国に入国した者には14日間の自主隔離が義務付けられていること、全世界のアメリカ大使館でビザ面接が停止中であること、緊急面接を要求する場合は一定の条件が課されていることなど、COVID-19によって制限されている状況を説明した。
 その後、COVID-19のパンデミック下で発生している解雇や雇用条件変更による各種ビザへの影響について解説。「事業の縮小により解雇する場合は、移民法と雇用法の専門家に相談することをお勧めします。また、E1/E2、 H1-B、 L1などのビザは指定の雇用主の下で就労することがステータスを維持する要件であるため、解雇となった場合は、ステータスを失うことになります。ただし、グレースピリオドの期間内(最長60日、I-94の期限内に限る)にステータスの変更や雇用主変更などの手続きをすることが可能です。なお、勤務形態の変更に関しては、H-1Bの条件が最も厳しく、勤務地変更や勤務時間短縮に関する手続きが必要で、解雇の場合は、従業員への書面通知、移民局への通知、帰国するための航空券の支払いが雇用主に義務付けられます」。

申請書と面接の準備

 移民法における今後の見通しについて、比嘉弁護士は「失業率悪化を受け、審査の厳格化が予想される中、米国への国益を意識し、各ビザの趣旨を理解した上で条件に沿った申請書を作成することがますます求められることになります」と話した。「ビザ申請者の働きによって米国経済への貢献が期待できる点を分かりやすくアピールした書類を作成し、そのことを申請者自身が面接できちんと説明できるように準備しておくことをお勧めします。また、管理職としてビザの申請をする場合は、申請者のリーダーシップがもたらす効果を詳細にアピールしてください。また、会社(スポンサー企業)の資格に関しても、雇用創出、米国経済への貢献を強調することが重要です。地方自治体から推薦状をもらうことも効果的ですね」。
 結論として、「プランニングの段階で移民法弁護士などの専門家に相談して、考えられるリスクを回避することが重要である」という点を述べ、比嘉弁護士は今回のセミナーを締めくくった。

過去レポート一覧に戻る

新着レポート

4/2(Fri)
企画マーケティング部会「2021年JBA賀詞交歓会」報告
バイリンガルセミナー
4/2(Fri)
教育文化部会主催「バイリンガルセミナー ~継承日本語教育と グローバル人材の育成~」報告
3/4(Thu)
JBA特別経済セミナー「バイデン大統領就任後の 米国経済、金融市場の展望」 ウェビナー報告
3/4(Thu)
商工部会・ US Japan Council共催「2020年米国大統領選挙と 今後の展望」ウェビナー報告
2/4(Thu)
教育文化部会「これで安心! Distance Learning (遠隔学習)お教えします!」 ウェビナー報告
CoverSeminar
2/4(Thu)
企画マーケティング部会 オレンジカウンティ地域部会 第231回 JBAビジネスセミナー報告「新大統領誕生が 日系企業に与える影響」
12/29(Tue)
「米国における 安全・治安情勢ウェビナー」報告
12/1(Tue)
特別ウェビナー「ロサンゼルス経済圏への 事業投資とその魅力」報告
12/1(Tue)
企画マーケティング部会 第230回 JBAビジネスセミナー報告「新型コロナウイルスにおける 会計上の留意点及び アメリカ税務実務の 最新動向について」
11/5(Thu)
「コロナ禍でのLA経済状況 ウェビナー マリア・セリナス LA地域商工会議所会頭を迎えて」報告
10/1(Thu)
ロサンゼルス市長とのオンライン・ラウンドテーブル報告
10/1(Thu)
企画マーケティング部会「第3回オンライン異業種交流会」報告
PAGETOP