JBA 南カリフォルニア日系企業協会 - Japan Business Association of Southern California

サイト内検索

2018/3/18

企画マーケティング部会「ロサンゼルスマラソン2018」ボランティア報告

去る3月18日に開催されたLAマラソン。JBAは今年も会員とそのご家族、ご友人、さらに一般応募で集まった方々など約130人で、23マイル地点の公式給水所にてボランティアを行った。

絶好のマラソン日和となった当日、企画マーケティング部会員はまだ暗い午前5時半頃から集合し、機材の搬入を開始。朝7時頃からはボランティアも続々と集まり、栄養ドリンクや水を並べるなど、ランナーたちをサポートする準備を進めた。

大会が始まると、ランナーたちが続々と通過。ボランティアたちは「頑張れ〜!」「Water!」などと声をかけながら水やフルーツなどを差し出した。ブースの大きなバナーや法被も手伝って、JBAのプレゼンスをしっかりアピールする機会となった。

ロサンゼルスマラソン2018
朝早くから懸命に働いてくださったボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

ロサンゼルスマラソン2018
JBAのブースからランナーたちに熱い声援を送るボランティアの皆さん。

ロサンゼルスマラソン2018
ヤクルトや山崎製パンのあんぱんも大好評!

 

小田隆介さんJBAランナーの声をご紹介!
無理せず完走を目指して頑張りました!
文:Isuzu North America Corporation 小田隆介さん

2年前、JBA主催の「マラソン準備講座」を受講しそこから2年、いまだにLAマラソンに参加していないという事態になりました。これはまずいということで参加ボタンをクリック。190ドルを払って自分を追い込む作戦に出ました(今回の原稿執筆も自分を追い込む一環)。会社ではLAマラソンに出ることをアピール、さらにマラソングッズを買い込むなど、とにかく逃げられない状況を作ることに終始することとしました。面倒くさがりはこれくらいしないと動きません。

ここからは初心者の当方が完走までに心がけたことを書きます。練習はゆるくやりました。初心者が急にハードな練習をすると、まず心が折れます(笑)。そして練習しなくなるという悪循環が始まります。7分/kmくらいのゆっくりペースで継続練習が大事だと思いました。次に筋トレは重要です。よくマラソン初心者は「脚がもたない」といいます。当方も訳が分かっていませんでしたが、フルマラソンを体験して重要なことが分かりました。長距離を走ると初心者の脚はもちません、これは本当です(笑)。防ぐためには脚の筋力の強化が重要と実感しました。レース当日もとにかく脚がもつように心がけました。特に坂道はほぼ走らず歩きました。初心者が42.195kmのどこかで歩いたところで誰も怒らないし、タイムにも影響はありません(笑)。無理をしないことが重要だと思います。

本番を走ってみるといろいろな方々がランナーとして、応援側として参加するLAの多様性を実感。その中でMCまで起用したJBAブースの気合いとやる気はひしひしと伝わってきました(笑)。

個人的にも目標タイムをクリアでき、有意義な初マラソンとなりました。まだ挑戦したことがない方も、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

JBA会員企業ランナーの栄光の記録 

お名前 会社名 タイム
Kayama Hiroyuki Diamond WTG Engineering & Services, Inc. 2:43:31
Tanaka Arihito YONEKYU U.S.A., INC 3:23:14
Geierman Erik Shimadzu Precision Instruments, Inc. 3:27:53
Takegawa Kosuke Mazda North American Operations 3:38:11
Deguchi Manabu Tokio Marine America 3:39:06
Sasabuchi Yoji Honda R&D Americas, Inc. 3:42:36
Kobayashi Kenji Kintetsu Enterprises Company of America 3:47:21
Yamaguchi Yasuhiro ASAHI INTECC USA, INC. 3:53:01
Niikawa Takeshi Mitsubishi Electric US, Inc. 3:55:58
Mori Tatsuo Weekly LALALA, LLC 4:00:00
Morimoto Mihoko Sumitomo Electric USA 4:20:00
Futamura Taku Diamond Generating Corporation 4:24:32
Ishioka Hajime Shimadzu Precision Instruments, Inc. 4:33:26
Hasegawa Yoshio Japan Telecom, Inc. 4:42:17
Oda Ryusuke Isuzu North America Corporation 4:55:56
Yoshii Go Noritsu America Corporation 5:18:00
Matsuuchi Hidetaka Noritsu America Corporation 5:42:01
Shimakawa Yoshitaka Mazda North American Operations 6:13:15

*JBA事務局にご連絡いただいた方のみ掲載しています

公式給水所ボランティア協力企業
・Japan National Tourism Organization
・METRO SIGNS, INC.
・Yakult U.S.A. Inc.
・Yamaha Motor Corporation, U.S.A.
・Yamazaki Baking Co., Ltd.

過去レポート一覧に戻る

PAGETOP