JBA 南カリフォルニア日系企業協会 - Japan Business Association of Southern California

サイト内検索

2020/10/1

ロサンゼルス市長とのオンライン・ラウンドテーブル報告

去る9月17日、エリック・ガルセッティ・ロサンゼルス市長と日系企業によるラウンドテーブルが開催された。JBAからも三森会長が出席し、会員企業の活躍について、市長に報告した。

LA市長は、コロナ禍で
初の外国企業とのラウンドテーブル

エリック・ガルセッティ・ロサンゼルス市長
エリック・ガルセッティ・ロサンゼルス市長。

 9月17日、ガルセッティ・ロサンゼルス市長とロサンゼルス総領事館、ジェトロ・ロサンゼルス事務所、日系企業関係者による約1時間のオンライン・ラウンドテーブルが開催された。JBAからは三森会長が出席し、市長らと対話した。コロナ禍で市長が参加する初の外国企業とのビジネス・ラウンドテーブルとなったこの場。市長は冒頭挨拶で、コロナ禍における日本企業からの個人用防護用品(PPE)の寄付への謝意を示し、また、日本が当地最大の投資国として、長きにわたって多様な分野で貢献していることに感謝した。武藤総領事は、市長のコロナ対応のリーダーシップへの謝意を述べたほか、日系企業のコロナ禍での企業活動を労った。
 その後、佐伯ジェトロ次長をモデレーターに、参加日系企業等より、ロサンゼルス市周辺での企業活動が説明された。三森JBA会長はカリフォルニアの日系企業約500社を代表し、「JBAは1960年設立。メンバー企業が南カリフォルニアの経済に納税、雇用などで長年貢献し、パンデミック下でも86万件の雇用、ロサンゼルス郡では40万件の雇用を生んでいる」と伝え、日系企業の存在を印象付けた。

「日系企業が必要な
手助けをしたい」(LA市長)

 説明を受けた市長は、「日系企業の米国事業の維持・拡大をうれしく思う。不動産、規制、投資等の問題や日・米企業の商談機会の提供に関して、できる限り日系企業を支援する」と話した。引き続き若者への雇用機会提供や水素の活用など環境分野等に力を入れていくと述べ、個々の企業の具体的なプロジェクトに言及しながら、イノベーションという共通点を持つ日本と協力していきたい、とまとめた。
 WTCLAのプレジデント、スティーブン・チャン氏(LAEDC COO 兼務)も、『FDIレポート』などを通して日本の貢献について引き続き発信していくと述べ、最後に、ハチギアン・ロサンゼルス副市長が、「日本はロサンゼルスにとって重要なパートナーと言われているが、今回、その理解が深まった。何か協力できることがあれば、いつでも連絡がほしい」と述べた。

オンライン・ラウンドテーブルに参加した面々(一部)。

過去レポート一覧に戻る

新着レポート

4/2(Fri)
企画マーケティング部会「2021年JBA賀詞交歓会」報告
バイリンガルセミナー
4/2(Fri)
教育文化部会主催「バイリンガルセミナー ~継承日本語教育と グローバル人材の育成~」報告
3/4(Thu)
JBA特別経済セミナー「バイデン大統領就任後の 米国経済、金融市場の展望」 ウェビナー報告
3/4(Thu)
商工部会・ US Japan Council共催「2020年米国大統領選挙と 今後の展望」ウェビナー報告
2/4(Thu)
教育文化部会「これで安心! Distance Learning (遠隔学習)お教えします!」 ウェビナー報告
CoverSeminar
2/4(Thu)
企画マーケティング部会 オレンジカウンティ地域部会 第231回 JBAビジネスセミナー報告「新大統領誕生が 日系企業に与える影響」
12/29(Tue)
「米国における 安全・治安情勢ウェビナー」報告
12/1(Tue)
特別ウェビナー「ロサンゼルス経済圏への 事業投資とその魅力」報告
12/1(Tue)
企画マーケティング部会 第230回 JBAビジネスセミナー報告「新型コロナウイルスにおける 会計上の留意点及び アメリカ税務実務の 最新動向について」
11/5(Thu)
「コロナ禍でのLA経済状況 ウェビナー マリア・セリナス LA地域商工会議所会頭を迎えて」報告
10/1(Thu)
ロサンゼルス市長とのオンライン・ラウンドテーブル報告
10/1(Thu)
企画マーケティング部会「第3回オンライン異業種交流会」報告
PAGETOP